2013年08月08日

マレーグマのノンとノア(のんほいパーク)

2013.8.1 のんほいパーク(愛知県豊橋市)のノア・ノンに会ってきました。

noa07.jpg

noa01.jpg

noa02.jpg

noa03.jpg

好奇心旺盛。
noa04.jpg

noa05.jpg

黄色い耳の後ろがチャームポイント。お母さんとおそろいです。
noa06.jpg

この丸太がお気に入り。
noa08.jpg

ボテッ
noa10.jpg
よく落ちる。

後ろでお母さんは暑さに伸びてます。
noa09.jpg

「ママ、遊んでー」
noa11.jpg

がぶっ
noa12.jpg

おかえし
noa14.jpg

noa13.jpg

見飽きない親子でした。
noa15.jpg

ノンさんノアちゃんありがとう。
posted by 長崎 at 11:02| その他 探訪記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

「パンだけじゃ生きていけない!」19〜24

某会の会報に連載している実録マンガです。
19〜24回目です。

pan19.jpg

pan20.jpg

pan21.jpg

pan22.jpg

pan23.jpg

pan24.jpg


posted by 長崎 at 13:04| 管理人の作品・うろおぼ絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

チェスキー・クロムルフ(チェコ)の拷問博物館

プラハからバスで3時間半、蛇行したブルタヴァ(モルダウ)川にぐるりと囲まれた世界遺産の小さな街・チェスキー・クロムルフ。 
拷問博物館は、広場に面した古い建物の地下牢を展示室にしています。
地下牢は、座ることもできないほど狭い牢屋や、水責めができる場所など、色々な用途を想定されて設計されていました(怖)。
回廊は人一人通るのがやっとなくらい狭く、堅牢な石造りはなかなか脱出は難しいだろうなと。
暗がりでフラッシュ無しなのでぼけた写真で申し訳ないのですがちょっと紹介。 

展示方法は、拷問器具の他に、拷問シーンを再現したマネキンやら、録音の叫び声やらで、ものものしい雰囲気を演出していました。
tm1.jpg

係の人に訊いたら「大体は本物」とのこと。

まずは拘束器具
tm2.jpg

tm11.jpg

焼きごて
tm3.jpg


tm4.jpg

tm12.jpg

右のは貞操帯ですね
tm6.jpg

三角木馬は足もとに鎖と石で出来た重しが。 
tm5.jpg

指や体の一部を締め付ける器具でしょうか
tm7.jpg

tm9.jpg

やっとこ(ペンチ)
tm10.jpg

さいころにカード…これは何なのでしょう?
tm8.jpg

とげの生えた椅子
tm13.jpg

こんなものの開発者とか、人を痛めつけるのが仕事の獄吏とか、中世の人たちって怖いですね。
ひと通り観た後でしみじみ思うことは、現代に生まれてよかった、に尽きます(ぶるぶる) 
posted by 長崎 at 16:48| その他 探訪記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする