2017年09月23日

東京ゲームショウ2017

2017/09/22
東京ゲームショウ・ビジネスデー行ってきました。

tgs05.jpg

tgs30.jpg

tgs4.jpg

ソニーブースではアンドロイド新作を展示しておりました。
こっちみて手を振ってくれますよ!
tgs02.jpg
(ネット上では本物なのか人間なのか議論中…)
tgs01.jpg

コスプレのコンパニオンさんたち
tgs07.jpg

今回同行下さった方のよしみでMETAL GEAR の新作を試してみました。
tgs06.jpg
フィールド物は初めてだったので、結果は散々でした(苦笑)
posted by 長崎 at 00:37| その他 探訪記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

アートアクアリウム2017

アートアクアリウム2017(日本橋・三越)に行ってきました。
和&未来テイストの竜宮城といった趣でしょうか。

巨大な金魚鉢
aa1.jpg

aa4.jpg

金魚の美しさも改めて実感します。
aa3.jpg

aa2.jpg

来年もあれば行きたいです。
posted by 長崎 at 02:33| その他 探訪記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」海の日、山の日プレゼント告知キャンペーン

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館では、2017年7月8日(土)より
「生誕140年 吉田博展」が開催されます。

yoshida.jpg

吉田博(1876‐1950)は、明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した画家です。
20代でアメリカに渡り数々の作品展を開催、水彩画の技術と質の高さが絶賛されます。
その後も欧米を中心に渡航を重ね、国内はもとより世界各地の 風景に取材した油彩画や木版画を発表、太平洋画会と官展を舞台に活動を続けました。
制作全体を貫く、自然への真摯な眼差しと確かな技量に支えられた叙情豊かな作品は、国内外の多くの人々を魅了し、日本近代絵画史に大きな足跡を残しました。
本展覧会では、水彩、油彩、木版へと媒体を展開させていった初期から晩年までの作品から200余点を厳選し、吉田博の全貌とその魅力に迫ります。

★「生誕140年 吉田博展」の期間中、海の日(7月17日)と山の日(8月11日)に展覧会図録をお求め方先着100名様に特性ブックカバー(非売品)をプレゼント!
・【海の日】には、海の絵柄のブックカバーをプレゼント
・【山の日】には、山の絵柄のブックカバーをプレゼント

■□■   「生誕140年 吉田博展」     ■□■
会期   2017年7月8日(土)〜8月27日(日)
休館日  月曜日(ただし7月17日は開館、翌18日も開館)
会場   東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
    (〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階)
     http://www.sjnk-museum.org/
開館時間 午前10時−午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料   一 般:1,200円(1,000円)、大・高校生:800円(650円)※学生証をご提示ください
      65歳以上:1,000円 ※年齢のわかる物をご提示ください
      中学生以下:無料  ※生徒手帳をご提示ください
     ( )内は20名以上の団体料金および前売り料金    
     ※2回目以降は使用済みの有料観覧券の提出で、一般800円、大学・高校生500円、65歳以上800円。
     ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。
      被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。
主催   東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、毎日新聞社
協賛   損保ジャパン日本興亜、ニューカラー写真印刷
特別協力 福岡市美術館
協力   モンベル
posted by 長崎 at 14:18| その他 探訪記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする