2018年11月17日

神々のやどる器―中国青銅器の文様―

神々のやどる器―中国青銅器の文様―

泉屋博古館分館・2018年11月17日(土)〜12月24日(月・祝)
https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index.html#

ブロガー内覧会にお邪魔してきました。

kami1.JPG

殷周時代の青銅器や、漢代以降の銅鏡を展示しております。
器の中にどんな動物・神獣が潜んでいるのか探す楽しみも堪能出来ます。
青銅器好きにはたまらない内容でした。

↓こちらの青銅器のレプリカは触る事ができます。
また、銅鐸のレプリカは木槌で打って音を確かめることもできます。

kami2.JPG

会場前のイルミネーションもついでに楽しんで下さい。

kami3.JPG
posted by 長崎 at 13:26| Comment(0) | その他 探訪記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

巨匠たちのクレパス画展

巨匠たちのクレパス画展(損保ジャパン日本興亜美術館)に行ってきました。

20180714_poster-190x269.jpg

https://www.sjnk-museum.org/program/current/5380.html

クレヨンとパステルの中間の描き味の、
誰もが幼少期に一度は使ったであろうクレパス。
12色500円足らずの画材でこれだけ描けるんだなと、巨匠達の画力の高さにとても感心しました。

特に沖縄出身の私は、儀間比呂志氏の作品が1点加わっていたのが良かったです。
「生きる」という題の、農作業をする女性の力強い姿が描かれた作品。
後ろのとげのある大きな葉はトゥンビャン(リュウゼツラン)だろうか?
戦争を体験して、家や家族を失っても人生は続く。
貧しくても辛くても、土まみれ汗まみれで働いて一生懸命生きていく。
約20年ぶりに見たのですが、年齢を重ねて見ると、
描かれた女性のたくましい生き様に胸が熱くなりました。
posted by 長崎 at 07:38| その他 探訪記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

【探訪】草乃しずか展〜煌く絹糸の旋律〜

松屋銀座8階イベントスクエアでは、2017年12月27日(水)より開催中の
「草乃しずか展〜煌く絹糸の旋律〜」に行ってきました。
15日まで開催されております。
草乃しずか展チラシ-1.jpg

草乃しずか展チラシ-2.jpg

 あまりの素晴らしさに魂抜かれる思いでした。
 初めて知った刺繍作家さんですが、尋常じゃない研鑽と作業量が伺えて、一人の誠実で真摯な人生を垣間見たというか…。
 丹念に綴られた縫い目も、配色も、文様のデザインもなにもかもが美しい。
 日本の伝統的な意匠の素晴らしさを再認識しつつも、それを踏襲しつつも更に昇華されている草乃さんの卓越したセンスに感服しました。
 図録を買ったのですが、やはり一度は生で観るべきだと思いました。
 15日まで開催中ですので、まだの方は是非!
posted by 長崎 at 23:47| その他 探訪記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする